アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
情勢判断
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
独断と偏見書房
何冊か追加してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 00:02
脅威評価年次報告(2009年2月)その8(最終)
The Palestinian Territories and Lebanon are two places where the multifaceted connections of which I spoke are most pronounced in this arc of instability. Two non-state actors, HAMAS and Hizballah, play prominent roles, while individual states that o... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 23:21
脅威評価年次報告(2009年2月)その7
The large region from the Middle East to South Asia is the locus for many of the challenges facing the United States in the twenty-first century. (21世紀に入り、アメリカは中東から南アジアにかけての広大な地域で多くの困難に直面している。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/19 17:45
脅威評価年次報告(2009年2月)その6
On the proliferation side, North Korea has sold ballistic missiles and associated materials to several Middle Eastern countries, including Iran, and, in our assessment, assisted Syria with the construction of a nuclear reactor. (拡散についていうと、弾道ミサイルおよびそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 03:35
脅威評価年次報告(2009年2月)その5
China continues to develop and field conventional theater-range ballistic and cruise missile capabilities that can reach US forces and regional bases throughout the Western Pacific and Asia, including Guam. China also is developing conventionally arm... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 20:41
脅威評価年次報告(2009年2月)その4
Preparations for a possible Taiwan conflict continue to drive the modernization goals of the People’s Liberation Army (PLA).... (台湾と衝突する可能性に備えて、人民解放軍の近代化を続けることに余念がない。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 00:29
脅威評価年次報告(2009年2月)その3
Chinese leaders view preserving domestic stability as one of their most important internal security challenges. (中国の指導層は国内を安定させることが国内治安上もっとも重要な課題のひとつと位置づけている。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/18 23:49
脅威評価年次報告(2009年2月)その2
続きまして、中国に関する箇所です。 Countries in the region look to the United States for leadership and for ways to encourage China to become a constructive and responsible player in the regional and global communities. ([アジアの]国々はアメリカがリーダーシップを発揮して中国がアジア地域および世界で建設的で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/18 03:23
脅威評価年次報告(2009年2月)その1
多岐にわたって述べられていますが、アジア関係と「不安定の弧」についての項目をみていきます。 まず、アジアにおける脅威について論じている「Rising Asia(アジアの台頭)」という項目からです。 … East and South Asia are poised to become the long-term power center of the world. (東アジアと南アジアは長期にわたり世界に影響を与える中心地となるだろう。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/13 23:52
2007年9月14日、クリストファー・ヒル東アジア太平洋担当国務次官補による状況説明 その2(最終)
… the point is we need to -- as we go through this process to achieve the complete and irreversible, to the extent one can make life irreversible, we need to do this step by step. So when we're disabling programs, a disablement doesn't mean it's irre... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/03 03:37
2007年9月14日、クリストファー・ヒル東アジア太平洋担当国務次官補による状況説明 その1
六カ国協議では、北朝鮮の核施設の「無能力化」を目指しています。アメリカのいう「無能力」とは、「数年間」稼働しなければいいようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 02:12
国家情報評価2007年8月 その4(最終)
Syria has cracked down on some Sunni extremist groups attempting to infiltrate fighters into Iraq through Syria because of threats they pose to Syrian stability, but the IC [the Intelligence Community] now assesses that Damascus is providing support ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 23:23
国家情報評価2007年8月 その3
… Iraq’s neighbors will continue to focus on improving their leverage in Iraq in anticipation of a Coalition drawdown. Assistance to armed groups, especially from Iran, exacerbates the violence inside Iraq, and the reluctance of the Sunni states that... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 02:02
国家情報評価2007年8月 その2
イラク治安部隊も連合軍との共同作戦で実績を挙げてきているのですが、しかしながら… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 21:06
国家情報評価2007年8月 その1
Broadly accepted political compromises required for sustained security, long-term political progress, and economic development are unlikely to emerge unless there is a fundamental shift in the factors driving Iraqi political and security developments... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 16:08
2007年8月21日、ハーパー加首相、カルデロン・メキシコ大統領との共同記者会見
何とか庇ってきたイラクのマリキ政権ですが、そろそろ我慢の限界がきているのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 01:39
お詫び
前回の「2007年4月20日、ミシガン州での演説」は、「その4」となっていて続きがあるようですが、わたくし狂の勘違いです。「その4」が「最終」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 01:36
2007年4月20日、ミシガン州イーストグランドラピッズ市での演説 その4
シリアとの接触について質問された大統領は… … I think it would be counterproductive at this point to sit down with the Syrians…. the U.N. demanded that they leave Lebanon. They did, but they're still meddling. Secondly, there's a man who was assassinated, named Hariri. I... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 02:34
2007年4月20日、ミシガン州イーストグランドラピッズ市での演説 その3
Ultimately, withdrawal would increase the probability that American troops would have to return to Iraq -- and confront an enemy that is even more dangerous. (結局のところ、撤退などしても再びイラクへ戻らなければならなくなる可能性を高めるだけで、そのときは今よりもっと危険な敵と相対することとなるだろう。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 01:32
2007年4月20日、ミシガン州イーストグランドラピッズ市での演説 その2
When we debate the war on terror, it can be convenient to divide up the fight by location -- and so we hear about, "the war in Afghanistan," and "the war in Iraq" [as] if they were something separate. This is a natural way to talk about a complicated... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 01:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

情勢判断/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる